Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

Take it easy.の気持ちを培う。英語なんて怖くない。

投稿者: ほっしぃ 日時: 18日(水) 22:35

English.jpg

2017年からの新しい取り組みを始めました。当社では毎朝、全員が一堂に会して、顔を見ながら一日の予定を伝えるという儀式を行なっています。1階と2階に分かれていたりして、ともすると1日顔を合わせないときもあったりするので、全員で一日の始まりくらいは顔を合わせようということで、始業後10分間だけみんなで集まるいわゆる「朝礼」的なものを実施しています。

ちなみに、写真は当社のミーティングスペースで、和なのか洋なのかよくわからない感じですが、元々はダイニングとして使っていたものをレストランができたので用途転換した場所です。

続きを読む...

CES 2017@ラスベガス

投稿者: デューク 日時: 18日(水) 10:00

やってまいりました2017年!
インターナショナルセールスのDuke✨です。皆様2017年もよろしくお願いします!

さて、1月5日から1月8日の4日間、ラスベガスにて開催されたCES 2017に参戦してまいりました!

日本でもニュースで取り上げられていたようですね。私自身は初参戦ですが、トリニティは2010年より続けて出展しています。

IMG_9308.JPGのサムネイル画像

シカゴ経由でラスベガス入りしたわけですが、まずシカゴでセキュリティにひっかかりスーツケースから手荷物から服から靴まで全てチェックされ飛行機に乗り遅れそうになったり・・・。

ラスベガスについたと思えば自分のスーツケースは行方不明になってたり・・・。

と、トラブルにも見舞われながら1月3日の正午に到着。便利なことに到着した空港で会場に入るために必要なバッジをピックアップできちゃいます。

IMG_4363.JPG

見かけによらず気が小さく心配性のわたくしは到着後早速会場に(笑

NuAnsのデザインをしているTENTさんのご協力のおかげで、ほぼほぼどのようにしたら良いのかは固まっていましたが、それでも現地では試行錯誤しました。

商品の良さを伝わりやすくするのはもちろんですが、ブース内での見やすさ、動き回りやすさ、商品の説明のしやすさなども考えなければいけません。

IMG_0356.JPG

今まで展示を続けてきたSimplism製品はもちろんですが、今年は2016年にデビューしたNuAnsを前面にアピールしたブースになっています。

ただ製品を並べて説明するだけではなかなかNuAns製品のコンセプトや本当の良さを伝えることはできません。NuAnsの世界観をわかりやすく伝えるために、今回はなんと展示台等を全く置かずに家具を並べることにより普段の生活の中に自然と溶け込んでいるNuAns製品を表現しました。

IMG_3290.JPG

CES開催中の様子等、続きは次回に!

レストランにおける電子マネー・ICカード決済導入のメリット・デメリット

投稿者: ほっしぃ 日時: 17日(火) 18:17

Trinita01.jpg

前回、トリニータでApple Payが使えるようになったというアナウンスをしました。どう考えてもICカード決済を導入した方がユーザーにとっては便利になり、顧客満足度が高くなってリピーターも増えると思うのになかなか普及しない理由のひとつに手数料があると思います。当社で運営するトリニータは、当社が主導となって新しいライフスタイルを提案するレストラン運営というキーワードがあるために、ある程度トップダウンで決めたという側面もあります。しかしながら、実際に損得を検討してみるとどうなるのでしょうか。

続きを読む...

いろいろあるガラスプロテクターから何を選ぶのか、それが問題だ

投稿者: ほっしぃ 日時: 16日(月) 15:59

20170104_illustration_title2.jpg

iPhone用アクセサリーの中で一番伸びているカテゴリーをご存じでしょうか。タイトルにキーワードがあるのですぐに分かってしまいますが、それは「ガラスプロテクター」です。昔々、海外の展示会でiPhoneの画面を守るガラスというのを見かけたとき、ガラスの上にガラスなんて、と小馬鹿にしていて大変申し訳ありませんでした。今や、その勢いはこれまでのいわゆる保護フィルム(一般的にはPET素材を使用した「フィルム」と呼んでいるものです)を金額ベースでは抜いてしまっているほどです。

絶対角割れしないガラスプロテクターやカバー率98.8%のフルガードセットなど、iPhone 7、iPhone 7 Plusに対応したラインナップを発表 | トリニティ株式会社

iPhone 7/7 Plusが発表されて、すぐに発表したSimplismラインナップも17種類に及びケースと変わらなくなっています。ただ、それでもどうしても数が多いので、一体どれを選んだら良いのだ、と混乱してしまうかもしれません。

続きを読む...

家庭菜園の必需品

投稿者: ようへい 日時: 16日(月) 10:00

今年の3月から私の住んでいる志木市が運営している市民農園を借りて家庭菜園にはまっています。初心者なりに毎週末に畑に行ってせっせと世話をしています。

IMG_0717.jpg

野菜の価格が高騰しているので野菜作りのモチベーションも上がるのですが、やはり自然相手はなかなかに難しく、周りのおじいさんおばあさんの畑と自分の畑の成長の違いに愕然とさせられています。

どうやら土の作り方とタネの蒔き時が重要らしいということがわかってきましたが、なかなか一朝一夕ではわからないですね。

IMG_1217.jpg

経験がない分、テクノロジーをフル活用しようとiPhoneを使って気温や蒔き時を畑の上で調べていますが、そんな時に活躍しているのがFLEX 3D AR光反射防眩 液晶保護ガラスです。

iPhone自体が生活防水に対応したとはいえ、泥のついた指でiPhoneの画面を触るのは憚られるのですが、このFLEX 3Dであれば画面の縁まで覆っているので遠慮なく画面にタッチができます。

また、AR効果は日差しの強い畑で大きな効果があり、液晶画面に対する太陽の反射光を劇的に落としてくれるので、調べ物をしているWEB画面などもFLEX 3Dをつけていない時よりもくっきりと表示してくれます。

例えば野菜のタネを蒔いた範囲を写真で確認したり、収穫できたものを隣の方に写真で見せびらかしたりする時に、このARは非常に大きな効果を発揮します。

このARは一枚一枚、ガラスにコーティングをして実現しているのですが、元の色彩を落とさずに、環境光の白飛びを抑えることで、むしろ画像のコンストラストを高め、よりくっきりと見せてくれる効果があります。

実際にARの効果をお伝えしたいと思います。

IMG_0397.jpg

こちらはiPhoneの真上から蛍光灯を当てた時の画像です。文字入れ以外、一切加工していません。右半分にARコーティングをしたガラスを重ねています。

IMG_0399.jpg

アイコン周りを見てもらうと、ARコーティングによって反射光が抑えられ、より見やすくなっているのがわかると思います。

続きを読む...

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter