Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

TWOTONEカバー、テナージュやストーンについて

投稿者: ナタリー 日時: 18日(水) 10:00

こんにちは、マーケティング部のなたりーです。

今回はNEOのTWOTONEカバーで「本物の木とか石を使ってるってどういうこと?」という質問をいただくことがまれにありますのでどういうことかをご紹介したいと思います。

用意したのは「ツートーン ボトムカバー(ナチュラルウッド)」。こちらの製品の断面といいますか、底面が確認できる図がこちらです。

続きを読む...

カメラロール 8

投稿者: とっぽ 日時: 17日(火) 10:00

- また予告 -

minimum.png
minimum2.png

急ピッチでブログを書いている理由、それは次回です。まだまだカメラロールをスクロールして色々あったな〜と溢れ出る何か、、どれを書こうかなとあれこれ考えているだけで記事が書け、、。

続きを読む...

目のため、お肌のために

投稿者: ヘンリー 日時: 16日(月) 10:00

みなさん、こんにちは。
ヘンリーです。

さて、今回はブルーライトについてのお話です。
みなさんも一度は聞いたことがある言葉だとは思いますが、簡単に説明しますと

LEDディスプレイが発する、紫外線に近い380-495nmのブルーライト(青色光線)のこと。網膜に対して強いエネルギーを持ち、近年の研究により長時間直視し続けることで眼精疲労や睡眠不足、集中力の低下の原因になると指摘されいる。

このLEDディスプレイとは、スマートフォン、パソコンなどが該当します。スマートフォンは常に持ち歩き、会社でパソコンを使って仕事をする。んー、これらを使わずに過ごすことはなかなか難しい現代人の生活...。

続きを読む...

通勤地獄から抜け出すには。

投稿者: ほっしぃ 日時: 15日(日) 23:11

Tokyo01.jpg

日本人が「通勤地獄」から抜け出せない、歴史的な背景 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

この記事を読んだ時、私は12年以上前を思い出しました。まだ会社員だった頃、1時間半以上かけて通勤していた時のことです。行きに1時間半ということは当然帰りにも1時間半なので、合計で3時間です。貧乏人にもお金持ちにも、老若男女あまねくすべての人が等しく持っているのが1日24時間という時間です。その中の、3時間といえば1/8日ということになりますから、言い換えるならば人生の1/8は通勤に費やしていたということになります。

12年前。私は計画的に起業したわけではなく、ある意味成り行きで起業したところがあり、人数も少なく事務所を借りる費用を浮かすためにと自宅兼オフィスから始めましたので、その時に通勤時間ゼロとなりました。ドアを開けたらオフィス、ドアの向こうは寝室という位の感じだったので、これは普通の人にはなかなか体験できないことだと思います。最近はフリーランスやSOHO(もう古い言い方かもしれません)などの働き方が増えてきたので、体験したことがある人もいるでしょう。そして、その後も小さなオフィスを構えた時にも自宅から徒歩5分、今のザイオンに移動してきた時にも自宅はバスで10分くらいのところで、今では徒歩10分圏内に引っ越してきています。

ザイオン移転 | トリニティ株式会社

よく、オフィスが埼玉にあるのが不思議に思う方がいるようで、なんで埼玉なんですかと聞かれます。私の育った地元であるということは、大きな理由のひとつではあります。しかし、実際には東京にオフィスを構えるメリットがほとんど感じられないからです。

続きを読む...

今年のAUGM東京は豪華ゲスト

投稿者: ほっしぃ 日時: 14日(土) 23:36

AUGMTokyo.jpg

先日、開催決定と参加の告知を行ないましたが、とうとう来週末になったので再度告知します。以前告知した時にはまだオープンになっていなかった情報が掲載されていますので、ぜひ一度公式ページをご覧になってください。最大のポイントは下記のゲスト陣です。有名ミュージシャンから我々世代では胸熱の方、さらにはApple関係ではお馴染みの方々。特にApple関係メディアのお三方は、先日のAppleスペシャルイベントにも招待され、Apple新本社も行かれた方々です。いろいろとオフショットを披露してくれる予定とのことで、期待したいですね。

ゲスト

サンプラザ中野くん

大西結花さん

鈴木康太さん(ギズモード編集長)

西田宗千佳さん(ITジャーナリスト)

村上琢太さん(flick!編集長)

というわけで、参加は無料なのですが、事前登録が必要なのでまだの方はいますぐどうぞ。懇親会にも上記の方々のウチ数名は参加されるそうなので、ざっくばらんにいろいろお話しできるかもしれないので、それも楽しみですね。もちろん、私も参加していますのでたくさんのAppleファンの方々とお目にかかるのを楽しみにしています。

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter